読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はげなブログ

おハゲの気になる記事を集めてみたHAGERまとめ みたいなブログです。

ハゲが15年ぶりに美容院に行ってみたら⑤

お風呂場でのセルフカットに目覚めてから、

もう10年近くも他人の手つかずだった

未開の頭皮につつましく生える頭髪を

カリスマのハサミが。

brightfront.hatenablog.com

 

 

 

「本当にこんな頭でも大丈夫ですか?」

 

 

「大丈夫ですよ。

  ちゃんとやり方があるんで。」

 

 

頼もしいなぁ。

 

 

 

ハゲ方によってカットの仕方にも

セオリーがあるそうですが、

 

 

私のような短髪・丸坊主ハゲの場合は、

 

その① サイドを短く刈り込む

その② 特にこめかみ辺りはできるだけ短く

その③ おでこ上辺の髪とのコントラストで

    トップに髪があるような錯覚を

               起こすよう切るべし。

 

 

 

 

ちなみに、

もし私が髪を伸ばしたらできる

髪型あるか聞いたら、

 

 

前髪さえ植毛で増やせば、

いまの毛量でもカリスマ植毛美容師

宮本さんみたいな髪型ができる⁉

 

 

という事でした。

 

うそ⁉

 

てっぺんとM字(雅治)がハゲてる私ですが、

 

宮本さんから

「M以外そんなに髪の量変わらないですよ。」

と衝撃のお言葉。

 

 

またまた! 

 

 

植毛でフロントの陣形を整えて、

フロント、両サイド、バックの髪で

中心をカバーできたら、

あんな髪型ができるそう。

 

 

そうか

 

 

小籠包みたいなもんか!

 

中身スカスカだけど。

 

 

 

。。。

 

 

 

植えようかな。

 

 

 

最近ミノキシジルフィンペシアをやめて、

 

その代わり食生活に気を付けて、

 

サプリメントIGF-1理論に基づいた育毛法に

取り組んでいるので

少し産毛がしっかりしてきた気が。

brightfront.hatenablog.com

 

brightfront.hatenablog.com

 

 

この調子でてっぺんがマシになれば、

フロントの強化は植毛で。

 

 

それも一考の価値があるな、と。

 

 

実際に植毛してカッコいい人

を見ると植毛に対する考え方が変わりました

 

 

 

自毛植毛を戦時中に例えると

 

 

ジヒドロテストステロンの攻撃を受けない

フサフサの後頭部の髪の毛(一般国民)が

 

赤紙によって徴兵→毛根を採取されて

 

ジヒドロテストステロンの攻撃を受ける

前線部隊に送り込まれる→植えられる

 

神風特攻隊よろしく髪風特攻隊的なイメージでした。

 

そんな髪風特攻隊の末路は、

名誉の戦死。

 

すぐ抜けて散りゆく定めと

思っていましたが違うんですね。

 

 

むしろ、

 

生え抜きの前線部隊のソルジャーは、

ジヒドロテストステロンの攻撃に弱くて、

 

赤紙で徴兵された一般国民のほうが、

ジヒドロテストステロンの攻撃を

受けにくい性質で、

逆に生存確率が高いそうです。

 

 

そこで気になるのが

 

 

もしソルジャー達がバタバタと戦死して

前線に送り込んだ一般国民たちが取り残されたら。。。

 

 

 

てっぺんだったら、

 

昼夜問わず真黒な太陽が浮かび続ける

エブリデイ皆既日食状態

 

 

 

おでこだったら、

 

生え際はびっちりだけど真ん中スカスカで

浮かび上がる逆M字ハゲ

 

 

 

両方合わせると

 

M字山の間からお日様が上ってる影絵⁉

みたいな頭が完成してしまう、

 

 

そんな、

 

世にも奇妙なハゲ方

youtu.be

 になってしまう事。

 

 

その時はもう、

スキンヘッドにすればいいか。

 

 

なんて頭の中で妄想している間にも、

鏡に映る頭はカリスマのハサミによって

徐々にフォルムを変化させていくのでした。